みなかさんとユーチューバー死亡

 ユーチューバー(ユーチューブばかり見ている人、という意味で)という単語をいちばん最初に使い始めたのはみなかさんだと自負しているみなかさんですが、最近、保険なのか、メインチャンネルの他にサブチャンネルを運営している有名ユーチューバーって多いじゃないですか、その中で、

 制作部屋の風景なのか、若者が一堂に会してコンビニ弁当を食べながらふざけあっている、という映像を見ることがあって、事務所にだいぶピンハネされているとは思うのですが、その映像に映っている、カラフルな髪色の二十歳そこそこの男子たちの中には、

 ノーマルリーマンの役職クラス、みたいな報酬をもらっている人もいるんだろうなとみなかさんは想像し、他の方法で彼らがそのくらいの月収を稼ぐのって、おそらく振り込め詐欺くらいしかないんじゃないか、という感じで、

 なんか、「そういう人たちもコンビニ弁当食べてるんだ(=みなかさんより若い、食品添加物の影響をより大きく受ける世代が、コンビニ弁当を食べている=みなかさんより早死にするかもしれない人がいる)」という安心感を、

 余談として感じつつも、とにかく、その稼ぎ方は、本当に新しい時代のやつだなと、感心するみなかさんなのでした、みなかさんです。

 ただなんか、そういうお仕事って、もちろん「ラク」ではないとは思うのですけど、彼らよりもはるかに大変な思いをして働いて、年収彼らの3分の1、みたいなノーマルリーマンも世の中にはたくさんいると思いますので、

 たとえば海外で撮影中に死亡、みたいなユーチューバーがいたとして、「ラクした分バチが当たった」みたいな見方もできなくはないなというか、むしろノーマルリーマンで忙殺されていれば海外に行く時間もなかった=死ぬこともなかった、という(自業自得)説もなくはないなと思い、

 やっぱりズルすると反動がくるのでは、という気がしてしまうのと(その死んだユーチューバーさんがどうとかではなくて、そういうスピリチュアルてきな法則の存在を意識してしまう、ということ)、

 「ラク」と「ズル」に関して補足しておきますと、みなかさんがたまに見ている、おそらく個人でずっとやっているホラーゲーム実況者さん、の動画の再生数が5000とかなのに対し(極端に動画がつまらない、とかではない)、

 事務所所属の新人さんと思われる人のう○こみたいな動画が、いきなり10万再生とかなのを見ていると、これ絶対やってるよねって思いますし(自社のPC数百台とか使ってループ再生しっぱなしか、すでに再生数アップ専用の業者がいて、そこに外注している?)、

 ユーチューバー失踪、みたいな事件について、某事務所所属のユーチューバーさんたちが一斉にそれに関する動画をアップしているのを見ると、自作自演でミステリーな感じのイベントをでっちあげて、一気にみんなの再生数アップ、みたいなこともできてしまうなと思ったり、

 あとはネタ切れなのかなんなのか、事務所内のユーチューバー数人が同じアイテムを使い回して動画を撮影していたりとか(読者様:「みなかなんだかんだユーチューブすごい見てるのな」)、

 まあ「ラク」とか「ズル」とかではなく、それが資本主義なのですけど、なんかあまり美しくないなというか、興ざめしてきてしまって、みなかさん最近は昔にアップされたゲーム実況動画とかを作業BGM代わりに流しっぱなしにして鑑賞する、ということしか基本してないです、ユーチューブ離れが加速しています。