みなかさんと飲食業界

 バス停で外人さんと、その性奴隷っぽい女性が話をしていたのですが、外人さん男子のほうが、ラーメン屋さんに行ったときの話をしていたっぽいのですが、

 彼のよく行くラーメン屋さんは店員さんがフレンドリーすぎるらしく、「(他にお客さんが)誰もいないとずっと話しかけられて、麺がのびちゃうんです」とか外人さんは言っていて、

 大変そうですねと思いました、みなかさんです(興味なさそうな様子で)。

 打ち合わせのあとの飲みとかで、鬼ヶ島さんは庶民のお店が好きなので、路地裏とかにある、ビールのケースを逆さにして集合させたやつがテーブル、パイプ椅子が席、みたいな、

 戦後の闇市ですか、みたいなお店に特攻して、おじさんたちに絡まれて上機嫌になっているのですが、レイプされて山奥に捨てられれば更生しないかな、とか思いながら見ているのですが、そういうとこの料理とかって、

 チキチキボーンかピザポケットのサイドメニューのチキンでしょ、っていう唐揚げっぽいものが、800円とかしたり、ファミマで100円ちょいで売っていそうなお総菜が、やっぱり700円とかしたり、

 カイジっぽいというかなんというか、明らかに損、無駄、なことをしなければその場を切り抜けられない感じというか、なんかほんとに外出ってなんもいいことないな、と思う瞬間ですよね。

 他にもみなかさん、メディア系に近いお仕事をしていると(キリッ)、今週のオススメ、今ブーム、人気、みたいな取り上げられ方をされてる飲食店は、何百万払って今週のオススメ枠を買ってるだけだとか、

 なんかもう、中身よりもかけた金額がすべてというか、この媒体に広告出すとこの層が来る、みたいなのも広告代理店は把握していて、お店側は見込み単価いくらのお客さんをいくら出して買う、みたいなスタイルというか、

 3000円で買ったお客さんに3000円払わせられないと赤字ですから、それが起こるとえらい人がピリピリしだしたり、とにかく安い媒体に広告を出して、入ってきたゴミみたいなお客さん(質が悪いにもほどがある)、

 からどうにか単価とれと無茶なオーダーが入り、知恵と勇気と悪徳でそこからお金を搾り取って利益を上げる、ということは前職でもなんだか覚えがあることで、

 他にもブロガーに依頼して記事を書いてもらい、芸能人やユーチューバーにお金払ってコラボしてもらい、自社でランキング&掲示板サイト立ち上げて一位に自社を置き、以下適当だったり二位に載せてあげるからお金よこせ、だったり、

 グルメサイトでステマしまくりだったり、逆SEOでネガティブな情報を抹殺しまくったり、という方法で集客していることを知っているので、そういったうんこっぽい世界と関わりたくない(ので話題のお店とか行きたくない)、というのがあるのですが、

 だからといって女子とのデートが毎回チェーン店(は、店舗数、利用者が多く、情報操作が利きづらいし、競争も激しいので、上記のようなうんこっぽい方法で集客している飲食店よりは、中身に信頼がおける)、

 というのは男子として微妙だし、みたいな葛藤ってありますよね、女子はわりとそういうの考えず、「ここ行ってみたい!」という感じなイメージもありますし。

 「話題のお店に行ってみたがクソだった」という体験のある人、いると思いますが、みなかさんも微妙に覚えがあるのですが、それってもう飲食店としてではなく、事業系の人が利回りだけを考えて、

 広告費1000万、売り上げ3000万、回収率300パー、とかをあらかじめ見込んでの一発勝負というか、料理はレトルト、リピなんて考えない(一回お金を払わせれば儲かる計算になっているから。食べ放題とかコースとかをメインにして単価を上げて)、

 悪い評価もらおうが関係ない(最初から、目標額稼いだらたたむことが決まっているから。そしてまたそこを別の店にして同じことをする)、あまりにもやばかったらステマで適当に乗り切る、みたいなビジネスモデルが、

 まともな飲食店経営、とは別にもうひとつありそう、とか思いました、秋葉原とかで「女子会コース」みたいなのやってたとこ、いつのまにかつぶれて別の店になってるな、とかあったら、そういう人たちのやってる場所かもしれません。