みなかさんと住宅

 どこに住むか、買うか借りるか、みたいなことを長年考え、いよいよ鬱になりかけているみなかさん。開発系の部署とか、答えが出ないところに長年勤めていると、8割の人が鬱になると聞いて、みなかさんなんとなく、自分の今のテンションの低さの理由が分かった気がしました。

 しかし最近少し進展があり、とりあえず(マンション)買う説に関しては、修繕積立金足りなくて一時金徴収→みなか破産、というビジョンが視えたので抹消となり(あとは管理組合のえらい人とかが業者と癒着してどうこうとか、誰かに任せる部分がある限り、日本スタイルな腐敗に余計なお金をとられることが明らかなので)、

 一戸建てはそういうのがないですが(ボロくなって修繕するお金がなくても我慢して住めばいい)、固定資産税とかは避けられず、そこでみなかさんの提唱する、「月2~3万の家賃でそこそこ人間らしい家が借りられる地域の人勝ち組」説が出てくるのですが、これには問題があり、

 みなかさん一人暮らしをするとしたら、「個人事業主の自宅兼事務所」、という形にしようと思っているので、「事務所利用可の物件しか無理」、と思い込んでいて、

 そうすると物件の選択肢が極端に少なくなってしまい、「月2~3万の家賃でそこそこ人間らしい家が借りられる地域」、においても、「月3~4万出しても微妙に人間らしさに欠ける家しか借りられない」、という状態に陥ってしまい、

 「もう個人事業主やめたい、死にたい」、とか思っていたのですが、「個人事業主 事務所利用可」とかネット検索して、いろいろ調べていたのですが(本当に死ぬしかないのかどうか)、

 「個人事業主は事務所利用可の物件じゃないとダメなんて嘘っぱち!」とか書いているブログが出てきて、どうやら本当に(みなかさんがいちばん気になっていた、貸し主の税金が事業用と居住用で違って、みたいな、ガチ要因も含めて)そうっぽかったし(自分に都合のいい情報を猛スピードで吸収)、

 もうひとつの一般的な、「事務所として利用→人の出入りや電話、コピー機の音が迷惑だからダメ」というのも、友達も恋人も顧客もいないみなかさんの家に来るのは宅配便オンリーですし、もちろん電話する相手もいない、

 プリンタはわりと日常的に使うが(これはもしや事業っぽい?事業主してる?)、家庭用のだし、一般生活音レベルということで、みなか家の迷惑度は一般居住者以下、と判断され、

 事務所利用可の物件じゃなくてもたぶん平気、という結論に至り、普通に賃貸物件探せばいい、というところまで来れましたので、ここにお知らせさせていただきます。

 あとはもう今のお仕事を辞めて東京市部にフライアウェイするか、家賃のバカ高い職場付近に住むか(徒歩通勤、時間は節約になる)、家賃の微妙に高い地元付近に住むか(今と同じバス通勤、あまりメリットがない)、みたいな部分を考えるだけとなりました、失礼いたします。

立ち入り禁止の売地の写真

近所がどんどんさら地になっていくみなか