海砂南夏について

 1983年2月12日生まれ。伝説のサイト名長い系テキストサイト、「そうしてみんなひとつに溶けてしまえばいい。」管理人、詩人・作家・作詞家。

 高校時代にテキストサイトを開設。日記や写真、詩や歌詞の公開を始める。

 進研ゼミの力も借りつつ大学に進学したものの、環境系の学部に入ってしまい、環境破壊や公害の歴史、奴隷労働、なんかを4年間みっちり勉強したものだから、世の中がすっかり嫌いになってしまい、鬱っぽいネガティブな大人に育つ。

 インドネシアが大好きな英語のゼミの教授に、「君の日本語は素敵だね?」と言われて勘違いしたり、就職活動中、某システムの会社のどう見てもヤクザな面接官に、「やる気あんの?」と詰められた際、「そういえば(普通にリーマンとして働いて一生を終える気)全然ないわ」と気づいたことにより、フリーターをしつつ物書きっぽいお仕事をすることを決意。

 新○舎に100万オーバーのローンを組まされそうになったり、文○社におだてられて共同出版させられそうになったり、といったトラップを乗り越え、2011年にAmazonのe託販売サービスより初の詩集、「そうしてみんなひとつに溶けてしまえばいい。」を出版。

 出版費用を貯めるために始めたアルバイトで、変な会社に入ってしまったことがきっかけで、出会い系のなんちゃら、電話占いのなんちゃら、出張ホスト等、妙なお仕事を経験。(会社が変すぎるので)いつニートになってもいいようにと節約・投資に目覚め、2019年には資産残高2000万円を達成、本業が全然進みません。